アレグラ/allegra(フェキソフェナジン塩酸塩)の基本情報(副作用・薬価・添付文書など) | MedPeer薬剤評価掲示板

ポイントプレゼント
最終更新日時:2018年5月8日11時39分

アレグラ/allegra


  • アレグラ錠30mg
  • アレグラ錠60mg
  • アレグラOD錠60mg
  • アレグラドライシロップ5%

禁忌

本剤(成分)に過敏症の既往歴

効能・効果

アレルギー性鼻炎,蕁麻疹,皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒。

用法・用量

成人・12歳以上の小児1回60mg,7~12歳未満の小児1回30mg,1日2回経口投与。症状により適宜増減。

重大な副作用・国内1

【1】ショック,アナフィラキシー様症状〔呼吸困難,血圧低下,意識消失,血管浮腫,胸痛,潮紅等の過敏症状が発現。投与中止〕【2】肝機能障害,黄疸〔AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,ALP,LDHの上昇等の肝機能障害,黄疸が発現。投与中止〕【3】無顆粒球症,白血球減少(0.2%),好中球減少〔無顆粒球症,白血球減少,好中球減少(0.1%未満)が発現。投与中止〕

投与期間制限

なし
ポイントプレゼント
当該基本情報については、各種提供元のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。

禁忌

本剤(成分)に過敏症の既往歴

効能・効果

アレルギー性鼻炎,蕁麻疹,皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒。

用法・用量

成人・12歳以上の小児1回60mg,7~12歳未満の小児1回30mg,1日2回経口投与。症状により適宜増減。

重大な副作用・国内1

【1】ショック,アナフィラキシー様症状〔呼吸困難,血圧低下,意識消失,血管浮腫,胸痛,潮紅等の過敏症状が発現。投与中止〕【2】肝機能障害,黄疸〔AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,ALP,LDHの上昇等の肝機能障害,黄疸が発現。投与中止〕【3】無顆粒球症,白血球減少(0.2%),好中球減少〔無顆粒球症,白血球減少,好中球減少(0.1%未満)が発現。投与中止〕

投与期間制限

なし
ポイントプレゼント
当該基本情報については、各種提供元のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。

禁忌

本剤(成分)に過敏症の既往歴

効能・効果

アレルギー性鼻炎,蕁麻疹,皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒。

用法・用量

成人・12歳以上の小児1回60mg,7~12歳未満の小児1回30mg,1日2回経口投与。症状により適宜増減。

重大な副作用・国内1

【1】ショック,アナフィラキシー様症状〔呼吸困難,血圧低下,意識消失,血管浮腫,胸痛,潮紅等の過敏症状が発現。投与中止〕【2】肝機能障害,黄疸〔AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,ALP,LDHの上昇等の肝機能障害,黄疸が発現。投与中止〕【3】無顆粒球症,白血球減少(0.2%),好中球減少〔無顆粒球症,白血球減少,好中球減少(0.1%未満)が発現。投与中止〕

投与期間制限

なし
ポイントプレゼント
当該基本情報については、各種提供元のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。

禁忌

本剤(成分)に過敏症の既往歴

効能・効果

アレルギー性鼻炎,蕁麻疹,皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒。

用法・用量

成人1回60mg(DS:1.2g),1日2回経口投与。症状により適宜増減。小児12歳以上1回60mg,7~12歳未満1回30mg(同0.6g),1日2回経口投与。症状により適宜増減。2~7歳未満1回30mg,6ヶ月~2歳未満1回15mg(同0.3g),1日2回経口投与。以上,用時懸濁。

重大な副作用・国内1

【1】ショック,アナフィラキシー〔呼吸困難,血圧低下,意識消失,血管浮腫,胸痛,潮紅等の過敏症状が発現。投与中止〕【2】肝機能障害,黄疸〔AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,ALP,LDHの上昇等の肝機能障害,黄疸が発現。投与中止〕【3】無顆粒球症,白血球減少(0.2%),好中球減少〔無顆粒球症,白血球減少,好中球減少(0.1%未満)が発現。投与中止〕

投与期間制限

なし
ポイントプレゼント
当該基本情報については、各種提供元のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。