フラジール/Flagyl

  • フラジール内服錠250mg

製造販売元 シオノギファーマ

発売・販売元 塩野義製薬

一般的名称 メトロニダゾール錠
英語:metronidazole

販売名 / 薬価 フラジール内服錠250mg  / 36.2円

規格単位(薬価が適用される単位) 250mg1錠

会員登録して処方実感を読む

感染性腸炎(細菌)(内服)の関連薬剤

フラジール (メトロニダゾール)

禁忌

【2.1】本剤(成分)に過敏症の既往歴【2.2】脳・脊髄の器質的疾患(脳膿瘍を除く)〔中枢神経系症状が現れるおそれ。[7.1,9.1.2,11.1.2参照]〕【2.3】妊娠3ヶ月以内(有益性が危険性を上回ると判断される疾患の場合は除く)〔[9.5.1参照]〕

効能・効果

トリコモナス症(腟トリコモナス感染症)。嫌気性菌感染症:<適応菌種>本剤感性のペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス属,プレボテラ属,ポルフィロモナス属,フソバクテリウム属,クロストリジウム属,ユーバクテリウム属。<適応症>深在性皮膚感染症,外傷・熱傷・手術創等の二次感染,骨髄炎,肺炎,肺膿瘍,骨盤内炎症性疾患,腹膜炎,腹腔内膿瘍,肝膿瘍,脳膿瘍。感染性腸炎:<適応菌種>本剤感性のクロストリジウム・ディフィシル。<適応症>感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)。細菌性腟症:<適応菌種>本剤感性のペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス・フラジリス,プレボテラ・ビビア,モビルンカス属,ガードネラ・バジナリス。<適応症>細菌性腟症。ヘリコバクター・ピロリ感染症:<適応菌種>本剤感性のヘリコバクター・ピロリ。<適応症>胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎。アメーバ赤痢。ランブル鞭毛虫感染症。

用法・用量

トリコモナス症1クール1回250mg,1日2回,10日間経口投与。嫌気性菌感染症1回500mg,1日3回又は4回,経口投与。感染性腸炎1回250mgを1日4回,又は1回500mgを1日3回,10~14日間経口投与。細菌性腟症1回250mgを1日3回,又は1回500mgを1日2回,7日間経口投与。ヘリコバクター・ピロリ感染症アモキシシリン水和物,クラリスロマイシン,プロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリ除菌治療が不成功の場合,1回250mg,アモキシシリン水和物1回750mg,プロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回,7日間経口投与。アメーバ赤痢1回500mg,1日3回,10日間経口投与。症状により,1回750mg,1日3回経口投与。ランブル鞭毛虫感染症1回250mg,1日3回,5~7日間経口投与。

用法・用量に関連する
使用上の注意

ヘリコバクター・ピロリ感染症:プロトンポンプインヒビターは,ランソプラゾール1回30mg,オメプラゾール1回20mg,ラベプラゾールナトリウム1回10mg,エソメプラゾール1回20mg,ボノプラザン1回20mgのうち1剤を選択。

重大な副作用・国内1

I効能共通:【11.1.1】末梢神経障害〔四肢のしびれ,異常感等が認められた場合には投与中止。[7.1参照]〕【11.1.2】中枢神経障害〔脳症,痙攣,錯乱,幻覚,小脳失調等が発現。ふらつき,歩行障害,意識障害,構語障害,四肢のしびれ等の初期症状が現れ,本剤による脳症が疑われた場合には投与中止。[2.2,7.1,9.1.2参照]〕【11.1.3】無菌性髄膜炎〔項部硬直,発熱,頭痛,悪心・嘔吐あるいは意識混濁等を伴う無菌性髄膜炎が発現〕【11.1.4】中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)【11.1.5】急性膵炎〔腹痛,背部痛,悪心・嘔吐,血清アミラーゼ値の上昇等の異常が認められた場合には投与中止〕【11.1.6】白血球減少,好中球減少〔[8.2,9.1.1参照]〕【11.1.7】肝機能障害〔[8.3,9.1.3参照]〕 IIヘリコバクター・ピロリ感染症:【11.1.8】出血性大腸炎〔腹痛,血便,頻回の下痢が現れた場合には直ちに投与中止〕

投与期間制限

なし
当該基本情報については、各種提供元 のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。