ゾレア
Xolair

剤型一覧

製造販売元

ノバルティスファーマ

一般的名称

オマリズマブ(遺伝子組換え)注射用
英語:omalizumab(genetical recombination)

販売名 / 薬価

ゾレア皮下注用75mg  / 14,768.0円

規格単位(薬価が適用される単位)

75mg1瓶

基本情報
最終更新日時:2021年8月23日16時6分

禁忌

本剤(成分)に過敏症の既往歴

効能・効果

気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)。季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る)。特発性の慢性蕁麻疹(既存治療で効果不十分な患者に限る)。

用法・用量

〔気管支喘息・季節性アレルギー性鼻炎〕気管支喘息は1回75~600mg,季節性アレルギー性鼻炎は成人・12歳以上の小児1回75~600mg,2又は4週間ごとに皮下注。1回量並びに投与間隔は,初回投与前血清中総IgE濃度及び体重に基づき,次の投与量換算により設定。【1】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)≧30~100の場合,(1)体重(kg)≧20~40:75mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>40~90:150mgを4週間ごと,(3)体重(kg)>90~150:300mgを4週間ごと。【2】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>100~200の場合,(1)体重(kg)≧20~40:150mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>40~90:300mgを4週間ごと,(3)体重(kg)>90~125:450mgを4週間ごと,(4)体重(kg)>125~150:600mgを4週間ごと。【3】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>200~300の場合,(1)体重(kg)≧20~30:150mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>30~40:225mgを4週間ごと,(3)体重(kg)>40~60:300mgを4週間ごと,(4)体重(kg)>60~90:450mgを4週間ごと,(5)体重(kg)>90~125:600mgを4週間ごと,(6)体重(kg)>125~150:375mgを2週間ごと。【4】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>300~400の場合,(1)体重(kg)≧20~30:225mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>30~40:300mgを4週間ごと,(3)体重(kg)>40~70:450mgを4週間ごと,(4)体重(kg)>70~90:600mgを4週間ごと,(5)体重(kg)>90~125:450mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>125~150:525mgを2週間ごと。【5】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>400~500の場合,(1)体重(kg)≧20~25:225mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>25~30:300mgを4週間ごと,(3)体重(kg)>30~50:450mgを4週間ごと,(4)体重(kg)>50~70:600mgを4週間ごと,(5)体重(kg)>70~90:375mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>90~125:525mgを2週間ごと,(7)体重(kg)>125~150:600mgを2週間ごと。【6】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>500~600の場合,(1)体重(kg)≧20~30:300mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>30~40:450mgを4週間ごと,(3)体重(kg)>40~60:600mgを4週間ごと,(4)体重(kg)>60~70:375mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>70~90:450mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>90~125:600mgを2週間ごと,(7)体重(kg)>125~150:投与不可。【7】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>600~700の場合,(1)体重(kg)≧20~25:300mgを4週間ごと,(2)体重(kg)>25~30:225mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>30~40:450mgを4週間ごと,(4)体重(kg)>40~50:600mgを4週間ごと,(5)体重(kg)>50~60:375mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>60~80:450mgを2週間ごと,(7)体重(kg)>80~90:525mgを2週間ごと,(8)体重(kg)>90~150:投与不可。【8】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>700~800の場合,(1)体重(kg)≧20~30:225mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>30~40:300mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>40~50:375mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>50~70:450mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>70~80:525mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>80~90:600mgを2週間ごと,(7)体重(kg)>90~150:投与不可。【9】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>800~900の場合,(1)体重(kg)≧20~30:225mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>30~40:300mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>40~50:375mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>50~60:450mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>60~70:525mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>70~80:600mgを2週間ごと,(7)体重(kg)>80~150:投与不可。【10】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>900~1000の場合,(1)体重(kg)≧20~25:225mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>25~30:300mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>30~40:375mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>40~50:450mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>50~60:525mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>60~70:600mgを2週間ごと,(7)体重(kg)>70~150:投与不可。【11】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>1000~1100の場合,(1)体重(kg)≧20~25:225mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>25~30:300mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>30~40:375mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>40~50:450mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>50~60:600mgを2週間ごと,(6)体重(kg)>60~150:投与不可。【12】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>1100~1200の場合,(1)体重(kg)≧20~30:300mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>30~40:450mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>40~50:525mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>50~60:600mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>60~150:投与不可。【13】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>1200~1300の場合,(1)体重(kg)≧20~25:300mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>25~30:375mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>30~40:450mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>40~50:525mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>50~150:投与不可。【14】投与前の血清中総IgE濃度(IU/mL)>1300~1500の場合,(1)体重(kg)≧20~25:300mgを2週間ごと,(2)体重(kg)>25~30:375mgを2週間ごと,(3)体重(kg)>30~40:525mgを2週間ごと,(4)体重(kg)>40~50:600mgを2週間ごと,(5)体重(kg)>50~150:投与不可。〔慢性蕁麻疹〕成人・12歳以上の小児1回300mg,4週間ごとに皮下注。

用法・用量に関連する使用上の注意

気管支喘息・季節性アレルギー性鼻炎:【1】投与量換算表に該当しない患者には投与不可。【2】投与中に大幅に体重が増加した場合,投与量換算表に基づいて投与量・投与間隔を再設定する。特に小児は成長に伴う体重の増加に注意。【3】血清中総IgE濃度による用法・用量の再設定は行わない。【4】症状の改善が認められた場合も,投与量換算表により設定された投与量を変更しない。

重大な副作用・国内1

【11.1.1】ショック,アナフィラキシー〔気管支痙攣,呼吸困難,血圧低下,失神,蕁麻疹,舌浮腫,口唇浮腫,咽・喉頭浮腫等が発現。本剤投与後2時間以内に発現することが多いが,2時間以上経過してから発現することもある。また,長期間の定期的投与後においても発現することがある。[8.2,15.1.1参照]〕

投与期間制限

なし

蕁麻疹・アトピー性皮膚炎(生物学的製剤)の関連薬剤

当該基本情報については、各種提供元のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。