ロイコプロール/Leukoprol

  • ロイコプロール点滴静注用800万単位

禁忌

本剤に過敏症の既往歴

効能・効果

次の疾患・状態の顆粒球数増加促進/骨髄移植後(同種・同系),卵巣癌で抗悪性腫瘍剤(シクロホスファミド水和物,ドキソルビシン,シスプラチン)の繰り返し投与により顆粒球数1,000/mm3以下が観察された顆粒球減少症,急性骨髄性白血病で抗悪性腫瘍剤(シタラビン,エノシタビン)投与により顆粒球数500/mm3以下が観察された重度の顆粒球減少症。

用法・用量

骨髄移植後骨髄移植直後より1日1回800万単位,2週間連日投与。卵巣癌抗悪性腫瘍剤投与後より1日1回800万単位,1週間連日投与。急性骨髄性白血病1日1回800万単位,1~2週間連日投与。以上,(局)生理食塩液に溶解後,輸液200~500mLに希釈,100mLあたり30分以上かけて点滴静注。年齢・症状により適宜増減。

重大な副作用・国内1

【1】ショック〔投与中止〕

投与期間制限

なし
当該基本情報については、各種提供元 のデータを基にメドピアが編集したものを掲載しています。 情報は毎月更新しておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報ではない可能性があります。 最新の情報は、各製薬会社のホームページ、医薬品医療機器総合機構ホームページ(PMDA)、厚生労働省のホームページでご確認いただきますようお願いいたします。 もし掲載されている各種情報に誤りやご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。