バファリン配合錠A81

の処方実感

医師113名が投稿済み

MedPeer代表医師
石見 陽(医師・医学博士)
MedPeer代表医師 石見 陽
1999年、信州大学医学部卒業。東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。研究テーマは、血管再生医学。 2003年12月にMedPeerの前身にあたる医師向けサービスを設立し、代表に就任。現在、メドピア株式会社代表取締役を務める傍ら、一週間に一度の診療を継続し、医療現場に立つ。日本内科学会認定内科医。
医師専用会員制サイト

バファリン配合錠A81

バファリン配合錠A81/BUFFERIN Combination Tablet A81の基本情報

製薬会社名
ライオン,エーザイ
疾患
脳梗塞急性期(アテローム血栓発症後)
一般名称
アスピリン・アルミニウム グリシネート
英語
Aspirin・Aluminum Glycinate
効能効果
下記疾患における血栓・塞栓形成の抑制
狭心症(慢性安定狭心症,不安定狭心症)
心筋梗塞
虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作(TIA),脳梗塞)

冠動脈バイパス術(CABG)あるいは経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後における血栓・塞栓形成の抑制

川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)
販売名 薬価
バファリン配合錠A81   5.6円

バファリン配合錠A81の口コミ(処方実感)

関東 60代 勤務医 神経内科 ファーストチョイス : プラビックス
関東 40代 開業医 脳神経外科 ファーストチョイス : プラビックス
関東 60代 勤務医 脳神経外科 ファーストチョイス : バイアスピリン